目黒1丁目クリニック

MENU
20200304 main

〒153-0063 東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第一ビル2階

20200304 main

お知らせ

2021年04月11日 コロナ予防はとにかく換気!+ 運動も! 詳細を見る
*発熱時・コロナ感染?という時、来院前に電話連絡をしてください。
*受付カウンターに換気の指標となる二酸化炭素濃度モニターを設置。800ppmを下回っていれば換気は充分と言われています。

*「運動は万能薬」とも言われています。

*在宅勤務者はおよそ8割が座っている時間が増えたとのこと。さらに在宅勤務や外出自粛でコロナ太りの方が増えてきていらっしゃいます。
長時間の座位行動が続く時は、30分ごとに3分の簡単な筋力運動を行うと、血管機能の有意な改善が期待できるというデータが報告されています。

「新型コロナ対策」だからと言って、動ける身体を使わないことは心身ともに百害あって一利なしです。

*「筋肉を十分に使っている人は病気にかかりにくくいつまでも若々しい。
歩くことは人にとって最良の薬である。」
(ヒポクラテスの言葉)
身体に「預筋」しましょう。
*軽度の肥満もCOVID-19重症化のリスクだそうです。できれば早足で歩きましょう!
*距離1m以上で感染リスク8割以上減少/Lancet。
*人と接する時にはマスクで鼻の粘膜を加湿して感染予防!
*ウィルスの侵入を防ぐ免疫・IgA 。このIgAを増やしましょう。運動・ヨーグルトを外来では患者さんにお勧めしてます。

*コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染経路は空気を媒介したものが主流であることが報告されています。マスクや換気といった空気感染への対策に重きを置いた方がいいようです。
COVID-19 による日本中の重症者の現状が集中治療学会のホームページである程度わかります。検索してみてください。

*ウイルスは生物ではありません。ウィルスの遺伝子が、油脂の層に包まれています。眼球や口の中の粘膜に付着すると細胞に侵入し遺伝子情報をウイルスのものに書き換えます。 ウイルスは薄い油脂に覆われただけの非常に壊れやすい物質です。 石鹸や消毒液で壊すことができます。油脂の層を溶かすとタンパク質分子は分解し壊れます。25℃以上の温水で手や服などを洗う。アルコール溶液は 65%以上のもであれば、ウイルスの油脂を溶かします。漂白剤もタンパク質を内側から直接破壊します。 自然換気が大切です。本対処法は米国ジョンズ・ホプキンズ大学がまとめたものです。
0539c06d d12e 4056 9516 3f2ad6ec2775

ごあいさつ

20200304 dr

院長福田秀基

1982年日本医科大学卒業。日本赤十字社医療センターで多様な疾患に携わり、1989年「目黒東口クリニック」を開設。恵比寿への移転を経て、2019年10月から「目黒1丁目クリニック」にて診療を行っている。病診連携を大切に、30年以上にわたって「患者第一の診療」を貫き、親子2代3代で通う患者も多い。日本東洋医学会漢方専門医。

かかりつけ医としての使命を胸に
「診療科にこだわらない医療」をめざします

最初に開設した「目黒東口クリニック」で25年、その後「恵比寿東口クリニック」で5年、そして現在は「目黒1丁目クリニック」で2019年10月1日より診療をしています。患者さん本位の姿勢に変わりはありません。どんなときも患者さんにしっかり向き合い、優しく寄り添う気持ちを忘れずに、日々の診療を行っています。

内科、皮膚科、漢方内科を中心にしていますが、かかりつけ医として日常的な症状に幅広く対応しています。生活習慣病からアレルギー性疾患、不眠症までのあらゆるお悩みを伺い、西洋医学と東洋医学それぞれの長所を生かしながら、その方に最もふさわしい治療を心がけています。

ご相談の多い生活習慣病については、生活改善に重点を置いています。長期的な視座に立ち、その方が無理なく続けられる生活指導を第一に考え、小さな変化も見逃さないように努めています。患者さんの不安を取り除くことがかかりつけ医の役目ですから、今後も必要の際には速やかに地域の病院につなぎ、専門的な医療を早急に受けられるように心を配っていきたいと思います。

当院の特徴

特徴1

幅広い世代のお悩みに
対応しています

小さなお子さんから高齢者さんまで、全世代の診療を行っています。風邪から在宅医療まで、お気軽にご相談ください。

特徴2

東洋医学に精通し、
漢方を取り入れた治療

日本東洋医学会漢方専門医である院長が診療。患者さんの状態や体質に合わせ、東西の医学の長所を組み合わせた治療を提供します。

特徴3

長期に継続してもらえる
生活習慣病治療

生活習慣病はその場限りでなく、長期的な視野での改善が大切。その方にとっての「続けやすさ」を重視した治療と生活指導を実施。

特徴4

各種検査や予防接種で
予防医学を推進

健やかな毎日を過ごすためには、病気予防が欠かせません。当院では予防接種や早期検査を推奨し、病気予防に努めています。

特徴5

在宅医療のご相談
を受け付けています

当院をかかりつけ医院にしていた方を中心に、通院が難しくなった患者さんには在宅医療での対応も行っています。ご相談ください。

診療内容

20200220 1

内科

近年増加している糖尿病や高尿酸血症、肥満といった生活習慣病をはじめ、逆流性食道炎や不眠症、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、頻尿などの幅広い症状に対応しています。地域の一次医療を担う「かかりつけ医」として、まずは病状や必要となる治療の流れをわかりやすく説明しています。薬を処方する際にも、安心して服用していただける案内を心がけています。

20200220 2

皮膚科

アトピー性皮膚炎のご相談が増えています。長期的な視点での改善をめざし、お一人お一人に合わせた治療を行っています。アトピー性皮膚炎の重い症状で悩んでいらっしゃる方に対しては、生活習慣や普段の食事内容などを細かく伺い、漢方や生活指導にも力を入れながら治療を進めています。

20200220 3

漢方内科

当院では西洋薬と併せて、漢方を取り入れた診療を行っています。症状に対して薬を処方する西洋医学に対し、東洋医学では体質に合わせて漢方を処方します。患者さんの体質や体の状態によって効果は異なるため、処方にあたっては患者さんのお話をしっかり伺ったきめ細やかな診療を心がけています。漢方の適応分野は内科から整形外科、婦人科、皮膚科、神経内科と多岐にわたります。

20200220 4

生活習慣病治療

生活習慣病を改善するためには生活習慣の見直しが必要になりますが、厳しすぎる治療や生活指導では、患者さんの治療意欲を引き下げてしまう恐れがあります。当院では、運動も食事療法も「その方が前向きに取り組める方法」のご提案を心がけています。

費用の目安

肥満の外来初診料/5000円~

診療時間

ゴールデンウィークは、カレンダーどおりに診療します。

時間
09:00~13:00
16:00~18:00

※○木曜は9:00〜12:00

コロナウィルス感染の疑いのある発熱・咳などの症状の有る場合は必ず事前に電話で連絡してください。
特別に診療時間を指定をさせていただきます。

目黒1丁目クリニック

診療科目
内科・皮膚科・漢方内科
所在地
〒153-0063
東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第一ビル2階
TEL
03-3490-4114
駐車場
交通アクセス

目黒駅から徒歩4分

ページ
トップへ
Access